うつ病を理解してサポートする|主な症状と発症する原因とは

再発のリスクを減らす

ハートを持つ人

うつ病は再発に注意が必要な病気になります。症状が強く発生してしまう急性期が終わると回復期に入ります。この回復期に入って症状が段々回復していくと、今度は強い自殺念慮に支配されてしまうことがあります。症状が軽くなって気持ちが安らいできたときに再発を恐れて、この世から消えてしまいたいという衝動にかられてしまいます。そのため、回復期は再発のリスクを下げるための治療が欠かせなくなります。うつ病患者の多くは症状が回復に向かっても大体2~3年以内には半数以上が再発するとの結果が出ています。再発すると、症状は前よりも重くなって薬の量を増やさないといけない人もいるので、このときの治療が今後を左右するほど重要になってくるでしょう。

うつ病を防ぐための治療法は色々とあります。まずは維持療法で再発を防ぐ方法があります。この維持療法とは、病気が治ったあとも薬による治療を続けていくことになります。うつ病の場合は急に服用をやめるのではなくて、段階を決めて徐々に減らしていくことになっています。服用期間は1~2年くらいが目安でしょう。重症や慢性化している人は数年かかってしまう場合もあります。次に認知をコントロールして予防する方法もあります。うつ症状を起こしやすくしている考え方を変えていくことが大事です。例えば、職場で自分の抱え込んだ仕事の量を見て自分1人で処理しようと思い悩むのではなくて、難しいところは誰かに手伝ってもらおうと考え方を変えるだけで、気分も変わってくるでしょう。このような考え方にするのが重要で、治療を通してコントロールするようにします。また、不眠にも注意が必要になります。夜に眠れない、夜中に何度も目を覚ましてしまうなどの不眠の症状が発生したときは気を付けましょう。うつ病が再発してしまう大事なサインの可能性があります。放置せずに、担当医師にちゃんと相談を行なうように心がけましょう。

うつ病の再発を防ぐためには、周りのサポートも大切になっていきます。家庭なら再発のリスクをしっかりと理解して、生活リズムを安定させて規則正しい生活をおくらせるようにしましょう。また、職場なら仕事量を調節したり、周囲がすぐにサポートできるような仕組みを作ることがポイントです。患者がストレスを溜め込まないように周りの人たちがしっかりとサポートしてあげることも、再発を防ぐためには必要なことです。