うつ病を理解してサポートする|主な症状と発症する原因とは

うつ病の治療の流れとは

頭を抱える人

基本的にうつ病の治療にはたくさんの時間がかかってしまいます。直線的に一気に改善するのではなくて、回復したり悪化したりなどを繰り返しながら、徐々に良くなっていくのが特徴でしょう。また、一度回復をしてもその後再発する可能性も高いので、再発を予防するための治療も欠かすことが出来ません。

うつ病の治療には主に急性期、回復期、再発予防期の3段階に分けて進めていきます。急性期は診断から大体3か月くらいの時期になります。十分な休養を取りながら、薬物療法を始めていきます。抗うつ薬による治療は少量から始めて、様子を見ながら適切な量を処方していくのが基本になります。薬の効果が出てくるまである程度の時間はかかってしまいますし、最初は抗うつ薬の副作用が強く出てしまうこともありますが、焦らずに治療を行なうのが大切です。次は4~6か月くらいになると回復期と言われます。調子が良い日の翌日には悪化してしまうような、一進一退を繰り返し徐々に回復へと進んでいくでしょう。この回復期にもう治ったと勘違いして抗うつ薬を止めてしまう人がいますが、症状の安定には程遠い時期になりますので、このような自己判断は非常に危険になります。安定した状態を継続できるように目指しましょう。そして回復から1~2年ほどの薬物療法を目安に再発予防期に入ります。症状が安定して社会復帰が出来ても、油断は禁物になります。うつ病が落ち着いても必ず1~2年の間は薬物療法を続けるようにしましょう。

うつ病を治療していく中で特に注意してほしいのが、抗うつ薬や睡眠薬などはちゃんと医師の指示に従って服用することです。患者の勝手な判断で薬を大量に摂取したり、服用を止めてしまったら症状を悪化させてしまう恐れがあります。そのため、しっかりと用法用量を守るように意識しましょう。なお、そろそろ薬を減らしてもいいかなと思う場合は、自己判断ではなくて、必ず医師に相談をすることが大事です。周囲の人も薬を飲みすぎていたり、服用していないなと感じたらすぐに確認を行なうようにしましょう。うつ病を回復するためには、患者1人の力では困難な場合があるのでサポートしてあげるようにすることが大事になります。