うつ病を理解してサポートする|主な症状と発症する原因とは

発症する原因とは

女の人

うつ病は現代人を悩ませてしまう精神疾患の1つとして有名ですが、実はうつ病を発症してしまう原因は未だによくわかっていないのが現状です。現在行なっている研究では、うつ病は1つの原因で発症するのではなくて、色々な原因が複雑に絡みあって引き起こされると考えられています。それでは、うつ病が発症してしまう原因はどのようなことがあるのでしょうか。

うつ病の原因として最も有力と言われているのが、遺伝的要因になっています。例えば、両親や兄弟など近い親族にうつ病患者がいる場合は家庭内でうつ病が発症する可能性は約1.5~3倍ほどになることが判明しています。あわせて、一卵性双生児の場合ですと片方がうつ病になってしまうと25~90%ほどの確率でもう片方がうつ病を発症してしまうとの結果が出ています。遺伝による発病は個人差があるため、一概に言い切ることは出来ませんが、うつ病と遺伝的要因の関係性は深くなっているでしょう。なお、うつ病患者の子供はうつ病になってしまうのかと言われたら、必ずしもそうなるとは限りません。あくまでも発症するリスクが高くなるということになります。実際には上に記載されている通りに色々な要因が絡まって発症してしまうと考えられるので、遺伝するのはうつ病になりやすいとされる体質になるでしょう。次にうつ病を発症する原因としてストレスがあります。これは一般的に知られていることでしょう。特に人間関係や環境の変化から発生するストレスは非常に大きく、うつ病の原因になってもおかしくありません。人間関係は学校や職場などのコミュニティの中で上手く関係が築けないなどがありますが、親しい人との別れも含まれます。環境の変化は就職や進学などがあるでしょう。ストレスを上手く発散することが、うつ病になるリスクを大幅に減らすことが出来るでしょう。

うつ病はもはや誰でもかかってしまう身近な病気とも言われており、自分の家族や友人が発症する可能性もあります。そういった場合は、どのように接していけばいいでしょうか。1番気を付けてほしいことはプレッシャーを与えるような言葉を言わないことです。励ましの意味で言葉をかけても、うつ病患者にはプレッシャーを与えてしまうケースも珍しくありません。そのため、激励の言葉や結論を求めるような言動を控えましょう。そうすることで、患者の負担が減って改善へと繋がる道が出来ますよ。